【驚きの真相!】2020/4/19
いま注目の武|漢ウイルス研究所(P4)が、Google Mapから消えた?!
本当に爆破されたからなのか?!その真相はいったい・・
どうして中国人には〇〇な人が多いのか?
その理由をお伝え致します。

 ★★★★★★★★★★★★★★★

■Twitterのユーザー名:ケイアッカーマン
https://twitter.com/Y3RRxuylnNyVzZr
現地動画等をアップしていますので、是非フォローをお願い致しますm(_^_)m

■チャンネル登録はこちらからお願い致します。
https://www.youtube.com/channel/UC66GyWcK1rQVNgAXfgTdUww?sub_confirmation=1

■情報出典元
・「武漢研究所が|新|型|コ|ロ|ナ|の|感|染|源か?」と記者が質問 ⇒ トランプ大統領「徹底的に調査している」(HUFFPOSTから)
https://www.huffingtonpost.jp/entry/trump-corona_jp_5e9923e2c5b63639081c148c
・パリ最新情報「フランスメディアを騒がす、新|型|コ|ロ|ナ|の正体」(Design Storiesから)
https://www.designstoriesinc.com/panorama/paris-corona-wuhan/
・P|4|地図が掲載された記事(唐驳虎さんのHPから)
https://news.ifeng.com/c/7uFreJukjo0
・中国科学院武|漢|ウ|イ|ル|ス|研究所HP
http://www.whiov.cas.cn/
・中国科学院|武|汉|国|家|生|物|安|全|实|验|室( 中国語Wikipediaより)
https://zh.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%AD%E5%9B%BD%E7%A7%91%E5%AD%A6%E9%99%A2%E6%AD%A6%E6%B1%89%E5%9B%BD%E5%AE%B6%E7%94%9F%E7%89%A9%E5%AE%89%E5%85%A8%E5%AE%9E%E9%AA%8C%E5%AE%A4

★★★★★★★★★★★★★★★

你好!ケイ・アッカーマンです。日本在住10年の普通の中国人です。
日本も中国も両方愛しています。
中国共産党の悪政と中国の真実を伝えたくて、チャンネルを作りました。
日中両国が良い方向に行けるように、そして中国共産党が無くなる事を願っています。
ご視聴、よろしくお願いします!

★★★ 関連動画 ★★★ ★★★

【驚きの事実!】日本企業が中国から撤退!欧米企業も日本に同調!その驚き理由とは?中共幹部の呆れた考えとは?
https://www.youtube.com/watch?v=q0pL-sg8VGI

【衝撃の日本人!】どうやって中共の洗脳を解く事が出来たのか?中国人の私が日本人からの衝撃を受けた事とは?どうして中国人の私が中共を憎む様になったのか?
https://www.youtube.com/watch?v=Ky3DpDg3ICU

【驚愕の真実!】引き取った遺骨はなんと別人だった!親族の死を悼むことさえ許されない|武|漢|人|達!中国政府は人民の感情までも操り隠蔽する!
https://www.youtube.com/watch?v=UFhDjF5Wztk

【中共の非道を暴く!】ヤ〇ザの様な発言をする中国の報道官達たち!トランプ大統領は、何故中国製医療用品の輸入を止めたのか?幼児期から洗脳される中国人民!
https://www.youtube.com/watch?v=rYrAcnauKV8

#中国真実#中国の嘘#武漢P4研究所

powered by Auto Youtube Summarize

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事
フランスのマクロン大統領は1日、2日付の風刺週刊紙シャルリー・エブドが、かつてイスラム教徒の反発を招き2015年の同紙本社襲撃テロのきっかけとなったイスラム教の預言者ムハンマドの風刺画を再掲載したことをめぐり「フランスには冒涜する自由がある」と表明した
◆◆◆その他◆◆◆
フランスのマクロン大統領は1日、2日付の風刺週刊紙シャルリー・エブドが、かつてイスラム教徒の反発を招き2015年の同紙本社襲撃テロのきっかけとなったイスラム教の預言者ムハンマドの風刺画を再掲載したことをめぐり「フランスには冒涜する自由がある」と表明した
元スレ1首都圏の虎 ★2020/09/03(木) 00:11:57.04ID:bTX+R5rU9 フランスのマクロン大統領は1日、2日付の風...