木村花さん死去、遺書とみられるメモ

シェアハウスでの共同生活を伝える番組に出演中で、23日に亡くなったプロレスラーの木村花さん(22)の部屋から、遺書とみられるメモが見つかったことがわかりました。

 女子プロレス団体「スターダム」に所属する木村花さん(22)は23日未明、東京都内の自宅で倒れているのが見つかり、その後、死亡しました。木村さんはシェアハウスで男女が共同生活する様子を記録するフジテレビの番組「テラスハウス」に出演していましたが、その後の捜査関係者への取材で、木村さんの部屋から遺書とみられる手書きのメモが見つかっていたことがわかりました。メモには、自殺をうかがわせる内容と周囲の人への感謝が記されていたということです。

 木村さんをめぐっては、SNS上に番組への出演や番組内での言動を非難するような内容の投稿が相次いでいて、自身のインスタグラムには、23日、「愛してる、楽しく長生きしてね。ごめんね」との投稿がされていました。

他の最新ニュースを見られるよう、以下のリンクを参照
https://www.youtube.com/channel/UCVh3h2BHLGxZQNqG3FQ37JQ?sub_confirmation=1

著作権
https://news.tbs.co.jp

著作権に何か問題がある場合は、このメールにご連絡頂ければありがとうです。
メール先:anonymousndc@gmail.com

powered by Auto Youtube Summarize

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事