ペーパー・ムーン

『ラストショー』のピーター・ボグダノヴィッチ監督による、テイタム・オニールが若干9歳でアカデミー助演女優賞を受賞した、心温まるロードムービー。1930年代の禁酒法時代、本当の親娘かどうか判らない男と少女の陽気なペテン旅行を描く。

1930年代の大恐慌期のアメリカ中西部。母を自動車事故で亡くして孤児となった少女アディ(テイタム・オニール)は、母と付き合っていた詐欺師のモーゼ(ライアン・オニール)に連れられ、ミズーリにいる叔母の許まで旅することに。道中、ちゃっかり者のアディと、そんな彼女に助けられながら詐欺セールスを続けるモーゼ。いつしかふたりの間には、本物の親子のような愛情が芽生えていくが…。

原題:PAPER MOON / 製作国:アメリカ / 製作年:1973年 / 日本劇場公開日:1974年3月9日 / 配給:パラマウント映画=CIC / 上映時間:103分

キャスト
ライアン・オニール、テータム・オニール、マデリーン・カーン、ランディ・クエイド、テイタム・オニール、ジョン・ヒラーマン、P・J・ジョンソン

スタッフ
監督:ピーター・ボグダノヴィッチ
製作:ピーター・ボグダノヴィッチ、フランク・マーシャル
脚本:アルヴィン・サージェント
原作:ジョー・デヴィッド・ブラウン
撮影:ラズロ・コヴァックス

映画を見る】【nico字幕1/4】【2/4】【3/4】【4/4】【toremaga】【FC2Rank
動画を見る】【FC2 ブログランキング】【ブログの殿堂】【blogranking

Source: https://yume551.com/feed

powered by Auto Youtube Summarize

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事