エリザベス 神なき遺伝子

人間のクローンを生み出した科学者に襲い掛かる恐怖を描いたマッドバイオロジック・ホラー。主演は「ラスト・キャッスル」のジェレミー・チャイルズ。カナダで行われた2014年ファンタジア国際映画祭で脚本賞を受賞したホラー。監督は、ビリー・セニース。

ヴィクター・リード博士は、長年の研究・実験の末、生命科学者にとって究極の目標である、クローン技術による人間の新生児“エリザベス”を誕生させることに成功した。未知の新人類“エリザベス”に対し、科学的興味から様々な実験や投薬を施すリード博士。やがてその実験はエスカレートし、いつしか歯止めの効かない深みへと陥っていく。一方、“エリザベス”誕生に隠された、それまでの実験の失敗や過ちの数々が明らかになるにつれ、二人を取り巻く状況は激しく変化していくのだった…。

原題:Closer to God / 製作国:アメリカ / 製作年:2014年 / 日本公開日:2016年1月16日 / 上映時間:81分

キャスト
ジェレミー・チャイルズ、シェリーン・ニューマン、シャノン・ホップ、デヴィッド・アルフォード

スタッフ
監督:ビリー・セニース
製作:ビリー・セニース、ジェレミー・チャイルズ、ジョナサン・ロジャーズ、ジェニファー・スプリッグス
脚本:ビリー・セニース
撮影:エヴァン・スペンサー・ブレイス
音楽:トーマス・ノラ

映画を見る】【nico吹替】【toremaga】【FC2Rank
動画を見る】【FC2 ブログランキング】【ブログの殿堂】【blogranking

Source: https://yume551.com/feed

powered by Auto Youtube Summarize

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事
フランスのマクロン大統領は1日、2日付の風刺週刊紙シャルリー・エブドが、かつてイスラム教徒の反発を招き2015年の同紙本社襲撃テロのきっかけとなったイスラム教の預言者ムハンマドの風刺画を再掲載したことをめぐり「フランスには冒涜する自由がある」と表明した
◆◆◆その他◆◆◆
フランスのマクロン大統領は1日、2日付の風刺週刊紙シャルリー・エブドが、かつてイスラム教徒の反発を招き2015年の同紙本社襲撃テロのきっかけとなったイスラム教の預言者ムハンマドの風刺画を再掲載したことをめぐり「フランスには冒涜する自由がある」と表明した
元スレ1首都圏の虎 ★2020/09/03(木) 00:11:57.04ID:bTX+R5rU9 フランスのマクロン大統領は1日、2日付の風...