三浦市農業協同組合の担当者が顔をしかめた

1ばーど ★2020/08/15(土) 22:26:12.53ID:4RmRv20K9  異例の長さとなった梅雨の影響が、夏の味覚に打撃を与えている。三浦市内では名産のスイカの収穫が落ち込んだ上、短い夏で需要が伸びずに価格も低迷。昨年も日照不足で苦しんだだけに、スイカ農家からは「もうやめようか」と悲鳴が上がる。

 「2年連続で同じような状況が続き、『三浦スイカ』としての商品価値が失われかねない」。三浦市農業協同組合の担当者が顔をしかめた。

 梅雨前線の停滞により、県内では7月中旬まで長期間大雨となり、日照時間の少ない状態が続いた。横浜地方気象台によると、三浦市内の観測地点では、7月の日照時間は平年の半分程度にとどまり、降水量は3倍超となった。

 同農協は今シーズン、大玉と小玉を合わせて計24万5千ケースの出荷を計画していた。しかし、長雨により、スイカを腐らせる病気が流行したため、今夏の出荷量は計画の7〜8割程度になる見込みという。

 梅雨明けが後ろ倒しになるにつれ、スイカ需要も低迷。涼しい気候で、単価は2018年と比べて6〜7割まで落ち込むことになりそうだ。

 商品にならなかったスイカは大量に処分された。市内の汚泥処理施設「三浦バイオマスセンター」では例年、スイカが中心となる7月の搬入量は100〜200トンだが、19年は約428トン、今年は約366トンに上った。スイカを積んだ軽トラックが1日20〜30台訪れたといい、担当者は「16〜18年比で3倍近くになっており、去年と今年は極端に多い」と驚きを隠さない。

 同市で小玉スイカを扱う農家の男性(58)は「来年はもう、スイカを作るのをやめようか考えている」と頭を抱える。今夏は約1800ケースの出荷を予定していたが、スイカに病気が出始め、7月下旬からは商品として出せるものが採れなくなり、出荷は予定の半分にとどまった。

 現在はスイカ畑を片付け、9月から始める大根の作付けの準備を進めるが、スイカ用肥料や消毒などの費用は重くのしかかる。男性は「2年連続でこうした状況が続いた。いい加減、苦しい」と吐露した。

2020年8月15日 5時0分 カナロコ by 神奈川新聞
https://news.livedoor.com/article/detail/18738444/
https://image.news.livedoor.com/newsimage/stf/f/5/f5761_1718_02f96b7dfbccd116ce70a5401a60cbd0.jpg

175不要不急の名無しさん2020/08/16(日) 03:42:09.13ID:2z72/Njq0

夕飯にスイカ食おうぜ。

83不要不急の名無しさん2020/08/15(土) 23:12:27.10ID:8Ii85Gys0

黒人に笑いながらスイカ渡したらガチでキレるからな