(抜粋)日本を打ち負かすために、アメリカは太平洋全体に力を投じる必要がありました

1ブルーベリーフラペチーノうどん ★2020/08/16(日) 13:39:00.58ID:fsRc+GVB9 (抜粋)
日本を打ち負かすために、アメリカは太平洋全体に力を投じる必要がありました。
この広大な広がりを越えて戦うことは驚異的な仕事でした。戦争の努力のために、アメリカの産業はほぼ一夜にして民間から戦争時の生産に転換し、1,556隻の海軍艦艇、5,777商船、8,410ジープ、299,293飛行機、2,383,311トラック、650万ライフル、1940年から1945年までの400億発の弾丸を生産しました。 、アメリカは7,000マイルを超える広大な海を横断する必要があり、そうすることで、111の主要な滑走路と441の桟橋、1億ガロンのガソリンを貯蔵するタンク、および150万人の住居を建設しました。パシフィックシアターでは数百万人のアメリカ人が務め、10万人以上が戦死しました。

結局のところ、致命的で地球規模の課題を克服することを可能にしたのは、大量の動員と国の犠牲でした。ミッチェナーは、アメリカの力を工場だけでなく海全体に投影するために必要な並外れた努力を強調し、アメリカの力がアメリカ中の農場、町、そして都市からどのように流れたかを書いています。ブロックハウス。」

より良い善のために犠牲を払うというこれらのテーマは、100年後の4分の3に響き渡ります。世界におけるアメリカの役割の有用性、持続可能性、道徳についてのすべての議論、そして今日のアメリカのリーダーシップに害が及んでいることについてのすべての議論について、アメリカ人が世界を救うのを助けた瞬間があったことを思い出すことは価値があります。しかし、その勝利は関係者全員に多大な犠牲を払って、それがもたらした暴力と、ジョンダウアーが受賞歴のある「慈悲のない戦争」で放った人種差別の中で記録したように。

民主主義は暗闇で死ぬ
The Washington Post

https://www.washingtonpost.com/outlook/2020/08/15/lessons-tales-south-pacific-today/#click=https://t.co/OSPLynQDGX

この1945年1月19日の写真では、東京の川崎にある川崎の航空機工場で、米国の飛行機が工場の施設を爆撃しているため、標的の燃焼によって黒い煙が発生しています。爆弾は75年前の今日に落下を止めました
https://i.imgur.com/LcpN8Un.jpg

160不要不急の名無しさん2020/08/16(日) 16:45:46.50ID:uM9JUO+80

やっぱ日系人収容所のアメリカの扱いが当時のアメリカの全てを物語ってるわ
カナダの日系人の扱いはもっと酷くて戦後日系人は二度とカナダには戻らなかったとか

174不要不急の名無しさん2020/08/16(日) 16:51:19.77ID:uM9JUO+80>>168

戦後、中韓移民で散々な思いしてるから今は違うだろうな
日本人の移民来てくださいって10年位前宣伝してたけど・・・