カトリック長崎大司教区(長崎市)の会計担当だった50代の司祭が2013年ごろ、教区の資金計約2億5千万円を海外事業への投資などに無断で流用したことが21日、複数の教区関係者らへの取材で分かった

1記憶たどり。 ★2020/08/21(金) 20:27:32.54ID:DTP+V37B9 https://news.yahoo.co.jp/articles/6cba1900dca1aa389e846bac1658c9e7cb94fa04

カトリック長崎大司教区(長崎市)の会計担当だった50代の司祭が2013年ごろ、
教区の資金計約2億5千万円を海外事業への投資などに無断で流用したことが21日、
複数の教区関係者らへの取材で分かった。教区側は信徒に事実を公表していない。
流用した金の大半が未回収とみられる。

教区トップの高見三明大司教は同日までの共同通信の取材に、
司祭の職務権限を越えた資金の流用があったと認めた上で「今後の対応を検討している」と話した。
「自分ではなく教会の利益のためという善意で投資した」などの理由で、
警察への被害届の提出は見送っている。

174不要不急の名無しさん2020/08/21(金) 22:58:17.92ID:BQLEG2CR0

大浦天主堂だっけ、見れば解るべ、カトリックなんてろくでもない

401不要不急の名無しさん2020/08/24(月) 01:26:23.04ID:spWpwvYT0