<まるでエイリアン鳥羽水族館のスナギンチャクは新種だった>同水族館によると、2019年7月にラグーン水族館から譲渡されたメスのオオベソオウムガイが同年10月に産卵

1ブギー ★2020/08/23(日) 15:02:46.00ID:PUUmYDQG9 鳥羽水族館(三重県鳥羽市鳥羽3)は、生きている化石とされるオオベソオウムガイの赤ちゃんが誕生したと発表した。

<まるでエイリアン 鳥羽水族館のスナギンチャクは新種だった>

 同水族館によると、2019年7月にラグーン水族館から譲渡されたメスのオオベソオウムガイが同年10月に産卵。20年8月1日にふ化した。殻の直径は2・5センチ程度で、性別は不明。水槽の壁にくっつきじっとしていることが多いが、元気だという。

 オオベソオウムガイは、ニューカレドニア周辺の海域のみに生息する。これまでに62個のふ化に成功したが、いずれも生存しておらず、今回、5年ぶりのふ化となった。
https://news.livedoor.com/lite/article_detail_amp/18777669/

77不要不急の名無しさん2020/08/23(日) 23:43:53.03ID:NFbXJT+C0>>25

鶏さん…(ブワッ

3不要不急の名無しさん2020/08/23(日) 15:07:31.90ID:yA2aUf+q0

オオムガイどこで死んでも我が家かな