安倍首相の突然の健康診断による波紋

安倍首相の突然の健康診断による波紋は今も続いている。翌日、仕事に復帰したが、詳細な説明がなかったため、憶測が大きかった。政治家の健康問題は、海の東西を問わず微妙な問題です。 ドナルド・トランプ米大統領は、首相と同様に、昨年の突然の健康診断に驚いた。 しかし、米国では大統領の試験結果が原則として公表されており、「透明性」が高い。日本では、健康状態を隠すだけでなく、過去に人々に「嘘をつく」ケースが多かった。

首相からの詳細な説明なしで…

安倍首相は8月17日、慶應義塾病院で「追加検査」を受けた。朝、私邸から直接入院し、夕方まで入院した。6月に病院で健康診断を受けました。 「追加検査」とは何か、ある種の治療に7時間半かかったかどうかという疑問が出された。これまでの数週間、首相は記者会見を開かず、国民の前に現れることはめったになかった。 一部のマスコミでは健康への懸念が指摘され、自民党の甘利明委員長がテレビ番組で「首相は休む必要がある」と述べた翌日の微妙なタイミングを手伝った。 8月16日。話題が広まった。首相は記者団に対し、「体調を整えるために、試験翌日は一日中休憩し、19日には職場復帰する。職場復帰して頑張りたい」と語った。しかし、初投与に至ったのは慢性疾患である潰瘍性大腸炎の悪化であったという新たな記憶があり、首相の詳細な説明がない限り波紋は続く可能性が高い。

トランプ氏も突然の健康診断を受けています

昨年11月16日、ドナルド・トランプ米大統領(74)が突然病院に現れたとき、それは安倍首相の場合とよく似ている。大統領は、その年の2月に、ワシントン郊外のメリーランド州ベセスダにあるウォルターリード米軍医療センターで詳細な定期健康診断を実施したところだった。 10ヶ月足らずで「警告なしの再訪」でした。医療センターでは、歴代の社長が定期健康診断を受けています。 ちなみに、1963年に暗殺されたケネディ大統領の遺体が視察されたのはここでした。しかし、珍しいことに、病院の職員は、経営幹部を除いて大統領の訪問について知らされておらず、少数の医師グループが検査に参加した。ホワイトハウスからベセスダまで車で数十分かかり、大統領は通常ヘリコプターで移動したが、その日の晴天にもかかわらず、空を移動することを避けて並んだ。 大統領が病院に到着するまで報道を控えるようメディアに指示されるのは珍しいことだった。ホワイトハウスは2時間のテストの後、「週末の予定はなかったので、最初に忙しい2020年のテストをいくつか行った。テストに異常はなかった」と説明した。 「一部の人々とメディアは憶測と無責任な噂を楽しんでいる」とメディアの批判はいつものようだったが、詳細な結果の開示を避けることは疑惑を広めた。 ..

認知テストまで公開

シンゾウとドナルドの「同盟国」がお互いの健康診断のスタイルに似ているとは想像しがたいが、トランプ氏でさえその年の2月に行われた健康診断の結果について語った。 詳細は公表されています。身長6フィート3インチ(190 cm)、体重243ポンド(110 kg)、総コレステロール223、血圧118-80、心拍数1分68など。驚いたことに、トランプ氏自身が2020年7月に認知テストについて説明しました。医師がウォルターリードでテストし、「人」、「女性」、「男性」、「カメラ」、「テレビ」の5つの単語を尋ねます。他の質問に答えてから数分後に繰り返します。 そうだった。 彼はインタビュアーに「あなたはそれをすることができますか?」と尋ねました。 そして、彼はテスト全体で良い結果を出したことを強調しました。 しかし、大統領選挙のライバル候補である77歳のバイデン前副大統領を「バイデン氏も試してみるべきだ」と嘲笑することを忘れなかった。オバマ前大統領が引退の10か月前の2016年3月に行った健康診断の結果、血圧は110〜68、心拍数は56、コレステロールはわずかに低く、視力は20〜20(1.0)でした。あなたの心拍数が正確に何であるかは誰にもわかりませんが、それは一般に知られているので、大統領としての仕事を得るのは簡単ではありません。彼らが選んだ大統領の健康状態を知るのは当然だというのは民主的な考えだろう。日本では、そのような認識は指導者と一般市民の両方にとって低いようです。

powered by Auto Youtube Summarize

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事