肺がん患者さんの新型コロナ感染・重症化のリスクと注意点



肺がんの患者さんは、新型コロナの重症化リスクが高いと捉えられがちですが、実際には、どのような治療、どのような肺の状態の場合に重症化しやすいのかを、佐々木 治一郎・北里大学病院 副院長 集学的がん診療センター長より、具体的な例とともに解説いただきました。

【質問】
・肺がん患者さんの新型コロナウイルスの感染リスク、重症化リスクはどの程度あるのでしょうか?
・肺がん手術後に、肺炎を起こして重症化した経験がある方は、新型コロナについても重症化しやすいのでしょうか?
・薬剤性の間質性肺炎になったことがある場合は、新型コロナウイルスの感染、重症化リスクはどのように考えたらよいでしょうか?
・がん関連3学会から、放射線の局所照射で感染に対する免疫力が大きく低下するという科学的根拠はないとの見解が出されています。肺がんに対する放射線治療も免疫力が低下することはない、と考えてよいでしょうか?

(2020年8月7日撮影時点の情報です)

■最新動画を順次追加中■
「がん患者さんのための新型コロナウイルス対策」シリーズ動画の一覧はこちら
https://www.jcancer.jp/coronavirus

■日本対がん協会ホームページ■
 https://www.jcancer.jp/

 ◆ Twitter つぶやいています→ https://twitter.com/jcancerjp
 ◆ Facebook 最新情報を発信中→ https://www.facebook.com/JapanCancerSociety/

===

コロナ禍でも、がんと向き合う人が安心して暮らせるように、より多くの方に正しい知識を届けるためにご寄付をお願いいたします。

 ◆ がん患者さんのための新型コロナ対策支援に寄付する → https://www.jcancer.jp/lp/corona/

#新型コロナウイルス
#がん患者
#肺がん

source

powered by Auto Youtube Summarize

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事