バイニーアプローチの実際のリハビリ場面です。
生き残っている,中脳・小脳・脳幹を活性化していきます。そのために床反力,慣性力(加速度)など,あらゆる外力を電気信号として身体に入力していきます。前庭システム・小脳を活性化するには加速度は必須です。
今までのリハビリテーションのように大脳新皮質を使って意識してゆっくり訓練していても,麻痺は改善しません。

source

powered by Auto Youtube Summarize

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事