小細胞肺がんで抗がん剤併用放射線療法受けたが今後の見通しは?Q&A#180



#がん #抗がん剤 #小細胞肺がん
59歳男性。小細胞肺がんが確定し、ファーストラインの現在治療中でRT(放射線)+VP16+CDDP療法ということで抗がん剤シスプラチン+エトポシドを予定していますが、放射線治療は30回照射済です。小細胞細胞が消えた場合には全脳照射をする見込みです。主治医とは相談していく中で、セカンドラインの治療後いずれ再発するだろうと。その時にはカルセドという抗がん剤を3週間に1回投与するということで医者とは合意できてます。ただしその後小細胞肺がんの今後の見通しがどうなのかなというのを押川先生に是非お伺いしたい。

チャンネル登録をお願いします。1回タップではたまにしか動画通知が来ないですが、
2回タップして🔔が鳴っている登録で全新着動画が通知されます
ユニークな、しかし実践的ながん治療アイデアを提供するメルマガ・がん治療の虚実はこちら
https://maroon-ex.jp/fx62350/hfe0tc
がん治療ノウハウのデータベースブログ・がん治療の虚実はこちら
https://ameblo.jp/miyazakigkkb/
毎月の公開セカンドオピニオン講演会の案内はこちら
https://sites.google.com/site/miyazakigkkb/

source

powered by Auto Youtube Summarize

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事