ガン対策ダイエット情報資料館http://www.source-of-income.info/mp/chu100/癌の好む食品」広島大学横路先生の研究で、面白いことが分かりました。肺癌のマウスに1 ヶ月間、肉と乳製品を食べさせたところ、栄養素は正常な細胞には行かず、がん細胞ばかりに行っていました。癌を肥大化させる原因になっていたのです。今度は、魚貝野菜卵の日本食ばかり食べさせたところ、栄養素は正常の細胞に全部行っていました。「乳がんと牛乳」大学教授。母として妻として充実した生活を送っていたジェインさん。ある時、科学者の旦那様が中国へ出張。中国人女性をはじめとする東洋人の女性の乳がん発生率の低さに気がつき、その理由としての乳製品摂取量の少なさににたどりつく。◆◆チャイナスタディーという葬られた第二のマクガバン報告書にも書かれている中国人のがん死亡率図譜の報告書。乳製品愛好者だった彼女は、その時から完全断ちを試みた。すると腫瘍がちいさくなって、最終的にはなくなった。乳製品完全断ちから6週間後のことである。◆現代西洋医学への疑問と科学者としての探究心からあらゆる文献を調査していくインペリアル大学女性教授のジェーンさん。◆バリバリの現役科学者として母として妻として充実した生活を送っていたジェイン・プラントさん(イギリス人)。42歳の時、自分で見つけた胸のしこり。カナダのトロント滞在の時だった。800人の聴衆の前で座長を務めながら、合間をぬって病院へ。細胞診で乳がんと診断される。乳房全摘出手術とさらなる3回の手術、35回の放射線治療。それにもかかわらず鎖骨上のちいさなゆで卵の半分くらいの硬いがんが発生。あきらかに乳がんが飛び火したのだ。現代西洋医学への疑問と科学者としての探究心からあらゆる文献を調査していくジェーンさん。なぜ乳製品が悪いのか?ここからまた科学者目線の調査がスタート。本書には詳細に書かれているのだが、簡単にまとめると、乳製品中のIGF-1(インスリン様成長因子1)が犯人である。特にIGF-1が細胞の成長を促している。だれでもがんの元は持っている。人間の様々な免疫システムによって成長が抑えられているがん細胞を成長させるのがIGF-1なのである。牛のIGF-1は、人のIGF-1と同じであり、消化吸収の過程ではカゼインタンパク質にしっかり守られ、また牛乳成分を均一化させるためのホモゲナイズによって、より小さなミセルの中にしっかり入り込んで、いずれにしてもそのままの形で吸収されます。なおIGF-1以外に10倍以上存在するIGF-2に関する研究は少ないそうですが、こちらにも強烈な細胞分裂の刺激作用があると言われているそうです。http://ameblo.jp/a-naomi/entry-10976256763.html

source

powered by Auto Youtube Summarize

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事