癒しの音楽専門「TENDER SOUND JAPAN」です
▼チャンネル登録はこちら
http://www.youtube.com/channel/UC2C-x4yqDaNzp_wYLHga3QQ?sub_confirmation=1

心と身体に良い効果を与える「音楽の力」を最大限生かし、
各界の専門家の監修のもと、現代日本人が抱える様々な心や身体の悩みをケアする音楽を生み出してきた、
神山純一の特許取得の癒しの音色(特許認定第2720858号)で奏でる癒しの音楽

乱れた自律神経は、様々な身体の不調を引き起こす原因となります。
まず、「自律神経」とは、心臓を動かしたり、内臓を動かして食べ物を消化したり…
こういった、自分の力ではコントロールできない神経のことです。
そして、自律神経は、活発に活動するときの「交感神経」と、
睡眠時など、リラックスした状態ではたらく「副交感神経」の二つに分けられます。
健康な状態では、この二つの自律神経がバランスよく働くのですが、時に、このバランスが崩れてしまうことがあります。

2つの自律神経は、どちらも生命活動を維持するのに大切な働きをします。
このバランスが崩れているということは、どちらかの機能がうまく働かないということですから、
健康状態に何らかの不調が起こってしまうのです。
例えば、常に「交感神経」が優位な状態では、体がいつも臨戦態勢状態となっているわけですから、
夜になっても過緊張状態で、スムーズに眠れないなど、睡眠に支障が出てしまいます。

自律神経の乱れは、主にストレスなどが原因となります。体がストレスから身を守ろうと
常に「交感神経」優位の臨戦態勢状態に陥り、リラックス状態の「副交感神経」にうまく切り替えられなくなってしまうのです。
自律神経を整えるには、意識して、「交感神経」から「副交感神経」に切り替えることが大切です。
副交感神経はリラックス時に働くわけですから、意識してリラックス状態を作り出すことで
交感神経から副交感神経優位に切り替えることが出来ます。
たとえば眠る前の時間だけでも、意識して体をゆっくり休めてリラックスする習慣をつけましょう。
アロマをたいたり、マッサージしたり…そして音楽を聴くこともとても効果的です。

神山純一の音楽は脳幹に深く響く癒しの音楽です。
テンダートーンと名付けた、特許を取得した癒しの音色を用いて全編演奏されています。
神山純一の音楽は、富田隆氏(心理学者・駒沢女子大学教授)による実証実験で、その効果は実証済みです。

音楽の力をうまく取り入れて、ぐっすり眠って体を回復し、健康的な毎日をお過ごしください。

【使用楽曲】
1.風のように
2.おだやかに
作曲:神山純一 演奏:神山純一 J.Project

■アーティストプロフィール
神山純一
”高品質な心やすらぐ音楽”そして”快適な音の空間”を送り出す作曲家・編曲家・プロデューサー
特許を取得した癒しの音色(特許認定第2720858号)に代表される、オリジナルにして多彩な制作手法をもつ。
CMソング、CDの作曲・編曲、テレビ音楽の作曲・編曲、コンサート音楽監督など、クラシックからポピュラー音楽、
CD音楽、テレビ音楽までその活動範囲は幅広い。
日本日本音楽著作権協会(JASRAC)会員
作編曲家協会(JCAA)会員

source

powered by Auto Youtube Summarize

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事