【医師が解説】腫瘍マーカーでがんを早期発見できるのか?その目的を解説



腫瘍マーカーでがんを早期発見できるという誤解は多いのですが、実際は、初期の段階で腫瘍マーカーが異常になることはほとんどありません。
また、がん以外の病気で異常になることもあります。
腫瘍マーカーを検診で測定することのデメリットと、真の目的を解説しました。

【連載中のメディア】
Yahoo!ニュース個人
https://news.yahoo.co.jp/byline/yamamototakehito/

時事通信社医療情報サイト「時事メディカル」内「教えて!けいゆう先生」で定期連載(Yahoo!ニュースに配信)。
https://medical.jiji.com/keiyouTeache...

看護師向け情報サイト「看護roo!」内「けいゆう先生の医療ドラマ解説」で定期連載。
https://www.kango-roo.com/sn/a/view/6137

医師向け情報サイト「ケアネット」内「外科医けいゆうの気になる話題」で定期連載
https://www.carenet.com/series/drkeiyu/cg002373_index.html

SNSでも役立つ情報を発信しています。
※ご連絡はTwitterからどうぞ!
Twitter:https://twitter.com/keiyou30
Facebook:https://www.facebook.com/keiyou30/
Instagram:https://www.instagram.com/keiyou30/

source

powered by Auto Youtube Summarize

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事