333A: 先天性中枢性肺胞低換気症候群(オンディーヌカース)と診断されて



2014年9月20日に福岡で開催された自分研究ーワークショップに先天性中枢性肺胞低換気症候群(オンディーヌカース)と診断されて気管切開をしている方が参加されました。

「支持骨システム回復療法」を使って調整しました。

ここにアップしている動画は脳の情報を読み、その情報のとおりに行ったものです。
あなたが知りたい答えは「自分の脳の中」にあります。

脳の情報を読む「読脳法」の開発者 伊東聖鎬(NPO「自分文化ー安住村」・生ーシステム研究会代表)は、
姪の障害をきっかけに「病気とは何なのか?」「生きるとはどういうことなのか?」を研究してきました。

医学では解決できない病気や症状を抱えた人と向き合う中で、発見した情報を全国の医療者に伝えるためにセミナーを開催し、本当の意味で患者さんに協力できる人材を育成しています。

また一般の人に対しては、『自分の体(事)は自分で良くしよう』と呼びかけを行い、
自分研究ワークショップや「自分研究」勉強会を開催し、そのための考え方や技術を指導しています。(自分研究-自分療法)

また、読脳法で原因や対応の方法を探り、指導する個別指導の場もあります。(あなた研究-あなた療法)

詳細はホームページをご覧下さい

cwポータルサイト 
http://www.cw-system.jp/

現代医学で良くならない難治な病気症状の研究会
http://www.cw-system.jp/sei_system/nbken/

お問合せ先:「生-システム」研究会、
http://www.cw-system.jp/sei_system/

自分研究ワークショップ
http://www.npo-za.org/zws/index.php

当グループの活動は社会運動としての活動であり、
宗教やネットワークビジネスとは一切関係ありません

source

powered by Auto Youtube Summarize

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事