新型コロナウイルス肺炎は間質性肺炎【改定更新版】/犬房春彦(ルイ・パストゥール医学研究センター/医師・医学博士)



※当動画で公開している内容は、犬房春彦の個人の見解であり、所属する組織の公式見解ではありません。

(内容)
2020年3月に公開した新型コロナウイルス肺炎は間質性肺炎という動画について新たな情報含めて改定更新しました。

(引用)
Thrombosis and COVID-19 pneumonia: the clot thickens!
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC7301830/

#間質性肺炎 #サイトカインストーム #抗酸化治療

【プロフィール】
犬房春彦
公益財団法人 ルイ・パストゥール医学研究センター 抗酸化研究室

(経歴)1957年、岡山県出身
近畿大学医学部卒業後、近畿大学 医学部大学院外科学系専攻 修了(近畿大学博士(医学))
その後、近畿大学医学部臨床医学部門 教授、ストラスブール大学欧州テレサージェリー研究所 客員教授、スペインバルセロナ大学外科学教室 客員教授などを歴任。

source

powered by Auto Youtube Summarize

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事