✅  プレドニン®︎が処方されるのはどんな症状のとき?



💖 Please Visit: https://www.facebook.com/Scathc/
💖 Please Subscribe: https://www.youtube.com/channel/UCbQyQ45C30K6ecxURg1KMgA?sub_confirmation=1
✍  アレルギーやリウマチ治療のため、処方される薬の1つにプレドニン®があります。 今回はプレドニン®がどのようなお薬なのか、使用されるシーンや効果、特徴、起こり得る副作用や服用上の注意点まで、まとめてご紹介します。 プレドニン®︎ってどんな薬?  プレドニン®は、腎臓の上にある副腎から放出されるホルモン「ステロイドホルモン(別名・副腎皮質ホルモン)」の作用を代替し、炎症や免疫を鎮める薬です。  いわゆるステロイド薬に分類される薬で、以下のような病気の治療薬として処方されます。 プレドニン®が治療薬として処方される疾患の例 喘息や湿疹、アトピー、結膜炎、鼻炎など、重篤なアレルギー性の炎症疾患 膠原病、リウマチ、ネフローゼ、潰瘍性大腸炎など免疫機能の異常が原因で起こる疾患 アジソン病など、副腎皮質の深刻な不足を招くような慢性副腎不全 白血病や多発性骨髄腫、血液癌などの血液の病気 腫瘍や鎮痛、がん治療薬への副作用や拒絶反応の抑制 その他メニエル病、突発性難聴、顔面神経痛、重症筋無力症  など  ステロイド薬のなかでも標準的な効き目、持続時間を持つプレドニン®は、古くから幅広い診療科で治療薬として用いられてきました。 プレドニン®︎の気になる副作用は?  ステロイド薬であるプレドニン®の飲み始めに見られる副作用として、以下のようなものがあります。 飲み始めに現れやすい副作用 イライラ、不眠などの神経症状、または下痢や吐き気、食欲増進などの消化器症状  また、長期にわたりプレドニン®の服用を続けていると、人によっては肌荒れやむくみ、脂肪沈着による顔や胴体の肥満、生理不順などの症状が現れます。プレドニン®などステロイド系の薬は、服用する期間が長くなればなるほど、服用量が多くなればなるほど、さまざまな副作用が現れやすくなるのが特徴です。  特に服用量が30mgを超えると以下のような重篤な副作用が起こる可能性が高くなるため、医師の判断によっては入院治療が必要になります。 プレドニン®服用で現れ得る重篤な副作用 発熱や倦怠感、息苦しさやのどの痛み、皮膚の出来物を伴う重い感染症 のどの渇きや肥満、食欲増進、倦怠感、吐き気などを伴う副腎不全、または糖尿病 胃痛、吐き気・嘔吐、吐血、下血を伴う消化管潰瘍や胃腸出血 吐き気や嘔吐、上腹部から背中にかけての激しい痛みを伴う膵 ...
💖

source

powered by Auto Youtube Summarize

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事