38歳、中肉中背の男性。以前からぎっくり腰の持病を抱える方。その都度西洋薬で対処してきたが、漢方薬も使ってみたいとのこと。そこで、まず痛みの強い時には芍薬甘草湯を。落ち着いてきたら、疎経活血湯も併用、という処方をしました。すると、西洋薬だけのときよりも、漢方併用の方が断然効果がいい、と喜んでいただきました。

本日紹介の書籍
フローチャート漢方薬治療2 典型例で生薬からカンポウを理解する
https://amzn.to/30FkC7R

お話:新見正則
・漢方医&外科医 帝京大学医学部博士課程指導教授(東洋医学・移植免疫学)
・Doctor of Philosophy,Oxford Univ.
・2013年イグ・ノーベル賞受賞

漢⽅.jp
https://kampo.jp/

source

powered by Auto Youtube Summarize

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事