1999年 62歳の頃のインタビューより。
57歳の時、肺がんと診断された。
1週間後肺がんの疑いは晴れたが、その時印象に残った感情や、自分にとって大切な存在、仕事などを考えることになる。
いずれ人は死ぬということと、生き方を考えるということがリンクした時、養老孟司がどういう心理状態になったのか。
終活にも通ずる養老孟司の「死の覚悟」が見て取れる。

source

powered by Auto Youtube Summarize

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事