咳が止まらないのはどうして?原因は風邪、コロナ、喘息?何科に行けばいいの?その2(横浜弘明寺呼吸器内科・内科クリニック)



#わたるんの咳講座

◆こちらで詳しく解説しています↓◆
【咳が止まらないのはどうして?】
https://www.kamimutsukawa.com/blog2/

こんにちは!

今回のテーマは、「咳が止まらないのはどうして? 2週間以上止まらない咳」についてお伝えします。

咳が止まらない!と困った経験はありませんか?
「 #咳 」は #風邪 を引けば大抵出るものなので、特に気にしない、という方も多いでしょう。
しかし、なかなか止まらない咳の場合は、深刻な肺の病気がかくれていることがあります。

今回は、2週間以上も咳が止まらない時に考えられる病気などについてお伝えします。
2週間以上咳が止まらない場合は、感染症以外の病気が原因の可能性が高くなります。

#喘息 とは、気管支に慢性的な炎症が起き、気道が狭くなって空気が通りにくくなる病気です。
典型的な症状としては、咳や #痰 、そして呼吸をするたびに喘鳴が出るようになります。
日本では小児の5~7%、成人では3~5%がかかっているとされており、現在でも毎年1,600名以上が喘息で命を落としています。
喘息は子どもの病気だと誤解されがちですが、高齢になってから初めて症状が出ることもよくあります。

#肺炎 は細菌やそれ以外の微生物、その他の様々な要因によって肺に炎症が起きる病気で、日本人の死亡原因第3位となっています。
肺炎が進行すると呼吸不全を起こします。
酸素不足の状態におちいるため、生命に関わる危険な病気です。

#COPD は、「 #タバコ病 」とも言われており、日本人の死亡原因の第10位になっている危険な病気です。
WHO(世界保健機関)の予測では、2030年には世界の死亡原因の第3位になると考えられています。

#肺がん は日本人の死因第1位です。
50歳以上で急激に増加します。
肺がん患者のうち、男性で30%、女性で5%は #喫煙 者だと考えられています。

咳の原因となる病気が何なのかを見分けるためには、一般的な検査と併せて、専門医療機関でしか受けられない特殊な検査の両方が必要になります。
#レントゲン 、 #心電図 、 #血液検査 、 #喀痰検査 などは、一般的な内科でできる検査です。
#呼吸器内科 では、それらに加えて、 #胸部CT 、スパイロメトリー、モストグラフ、呼気一酸化窒素測定などの呼吸機能についての検査を行うことができます。

まとめ
咳が止まらない背景には、呼吸器に関わるさまざまな病気が隠れていることがあります。
症状が軽いうちであれば治療は短期間で済む場合もありますし、使う薬の量も少なくて済みます。
2週間以上咳が長引いているならば、なるべく早い段階で、呼吸器専門医のいる医療機関を受診しましょう。

----------------------------------------------------------
止まらない咳·ぜんそく·COPDなど診察実績3万件以上!
土・日・祝日も診療可◎
完全予約制の呼吸器内科クリニックです。

横浜弘明寺呼吸器内科·内科クリニック
https://www.kamimutsukawa.com/
☎︎:045-306-8026
----------------------------------------------------------
イキイキとした毎日に必ず役立つ健康情報を順次発信中♪
フォローお待ちしております!
【Twitter】
https://twitter.com/kamimutsukawa?s=09
【Facebook】  
https://www.facebook.com/kamimutsukawa/
【LINE】
https://lin.ee/wDhMOwf
【YouTube】
https://youtube.com/channel/UC8WL6x9zJRnCfEsJMtFaTg
----------------------------------------------------------

source

powered by Auto Youtube Summarize

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事