DVDで学ぶ新しい認知行動療法
「うつ病の復職支援」

 認知行動療法は、心理社会的療法の要として、近年ますます治療や支援の現場で広がりを見せています。今回の 「DVDで学ぶ新しい認知行動療法」シリーズでは、代表的な症例にスポットを当てて、患者(クライエント)自らが認知修正と行動変容に取り組むことを学ぶ「認知行動療法」の成り立ちから考え方までを理論的に学びます。
 今回は[うつ病治療における認知行動療法]を想定し、第1巻となるDISC 1にはその初回と2回目、そして行動実験と、3つの模擬面接場面をそのままオンタイムで収録しています。第2巻となるDISC 2では、3つの面接場面を振り返りながら監修者による解説を加えたポイントを収録し、よりわかりやすく面接での理論と実践が学べます。また、3つの面接場面の逐語をテキストデータ(PDF形式)として収録しています。視聴時の参考にお使いください。

クライエントの設定:うつ病と診断され休職中の30代の男性(会社員・食品加工会社勤務)が、復職を希望して、認知行動療法を行なっているカウンセリングルームを訪れた。

DVDの詳しい内容はこちら。
http://www.hoshikuzuclub.jp/

監修・解説=神村栄一(新潟大学教育学部 准教授)
解説=鈴木伸一(早稲田大学人間科学学術院 教授)
ロールプレイ実演・指導=小林奈穂美(カウンセリングルームさくら/新潟認知行動療法リサーチセンター 代表)

source

powered by Auto Youtube Summarize

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事