十二指腸潰瘍について解説します。空腹時の胃の痛みを抱える方必見の動画です。



こんにちは鍼灸師の田畑仁也です。
本日も動画をご覧いただきありがとうございます。
今回の動画は【十二指腸潰瘍について】のどうがになります。

十二指腸潰瘍の前に潰瘍とは何かを説明します。
潰瘍とは皮膚や粘膜が深く傷つきえぐれている状態をいう。

十二指腸潰瘍の解説
【概要】
胃酸の影響を受けて十二指腸に形成された潰瘍のことを指します。
胃潰瘍とともに消化性潰瘍の代表とされています。
好発年齢は10代から30代に多いとされています。

【原因】
多くの原因であるピロリ菌が全体の95%をしめます。
残りの成成因としては薬剤です。特に非ステロイド性消炎鎮痛剤(NSAIDs)エヌセイド

【症状】
空腹時痛=胃が消化をした後の食物が十二指腸に移動した際に痛みを引き起こすため空腹時の痛みになります。※胃潰瘍の際は食事後15分後ほどで痛みを発します。
他には夜間にしばしば症状を感じます。
症状が発症しない自覚症状を感じない時もあります。

【検査・診断】
診断に最も重要なのがバリウムによるX線造影検査と内視鏡検査でありこの二つの検査で診断は容易になっているのが現状です。

【治療】
ヒスタミンH2受容体拮抗薬(H2ブロッカー)の登場により、8週間以内に80%の治癒率が実現されています。
その後もプロトンポンプ阻害薬(PPI)という胃酸分泌抑制剤が開発されて90%以上が8週間以内に治ることが明らかになりました。

#十二指腸 #十二指腸潰瘍 #十二指腸潰瘍について

source

powered by Auto Youtube Summarize

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事