#わたるんの咳講座

◆こちらで詳しく解説しています↓◆
【65歳になったら知っておきたい肺炎の知識と予防】
https://www.kamimutsukawa.com/blog2/kokyuuki/306/

こんにちは!

今回のテーマは「65歳になったら知っておきたい肺炎の知識と予防」です。

□ 咳が出る
□ 微熱が続く
□ なんとなくだるい
□ 痰を伴う咳が出る
□ 息を吸うと胸が痛い
□ 食欲がない
このような症状が続くことはありませんか?

1週間以上続いている場合は、 #肺炎 の可能性があります。

肺炎は、細菌やウイルスなどの病原体が肺に入って炎症を起こす病気です。

#咳 や #痰 、 #発熱 などの症状が出ることが多いですが、初期症状は #風邪 と似ているため、自分が肺炎だとは気づかないことがあります。

特に高齢者は、肺炎にかかってもほとんど症状が出ないことも多いです。
そのため、知らないうちに病気が進行し、いきなり症状が悪化して呼吸困難になり、意識を失って死に至ることがあります。

熱や咳などの症状が続く場合は風邪だと自己判断せずに病院を受診しましょう。

肺炎は、炎症の起こる場所によって2種類に分けられます。

気管支の末端にある袋状の組織「肺胞」の中で炎症が起こると肺胞性肺炎、
肺胞の壁にあたる部分である「間質」で炎症が起こると間質性肺炎です。
肺炎の多くは肺胞性肺炎ですが、 #新型コロナウイルス感染症 による肺炎は間質性肺炎が多いと報告されています。
間質性肺炎は、肺胞性肺炎より重症化しやすい傾向があります。

呼吸器の感染症の予防は、手洗いとマスク着用が基本ですが、肺炎予防でもうひとつ大事なのが「歯磨き」です。

朝起きたとき、口の中がねばついていることはありませんか? 

それは、寝ている間に口の中で雑菌が増えたせいかもしれません。
そんなとき、歯を磨かずに朝食を食べてしまうと、食べ物と一緒に雑菌まで飲み込んでしまう恐れがあります。

特に高齢者は、口の中が雑菌だらけだと誤嚥で肺に雑菌が入り、肺炎を起こす危険性が高まります。
食後の歯磨きはもちろん、朝起きてすぐの歯磨きも習慣にすると口の中の雑菌を掃除することができ、肺炎の予防に役立ちます。

・まとめ
肺炎は、細菌やウイルスなどの病原体が肺に入って炎症を起こす病気です。
特に、乳幼児や65歳以上の高齢者がかかりやすいです。
手洗いやマスクに加えて、寝る前と朝起きた時に歯磨きをして肺炎を予防しましょう。

----------------------------------------------------------
止まらない咳·ぜんそく·COPDなど診察実績3万件以上!
土・日・祝日も診療可◎
完全予約制の呼吸器内科クリニックです。

横浜弘明寺呼吸器内科·内科クリニック
https://www.kamimutsukawa.com/
☎︎:045-306-8026
----------------------------------------------------------
イキイキとした毎日に必ず役立つ健康情報を順次発信中♪
フォローお待ちしております!
【Twitter】
https://twitter.com/kamimutsukawa?s=09
【Facebook】  
https://www.facebook.com/kamimutsukawa/
【LINE】
https://lin.ee/wDhMOwf
【YouTube】
https://youtube.com/channel/UC8WL6x9zJRnCfEsJMtFaTg
----------------------------------------------------------

source

powered by Auto Youtube Summarize

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事