肺気腫, by Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki?curid=398857 / CC BY SA 3.0

#呼吸器疾患
#職業病
肺気腫(はいきしゅ、Pulmonary emphysema)は、閉塞性肺疾患の一種で肺胞壁の破壊的変化を伴う疾患である。
気道や終末細気管支から末梢にかけての含気区域が異常に拡大する病態を示し、中年以降の男性に多く発症し、過度の喫煙との関係が深いとする説がある 。
日本の成人男性の喫煙率は低下しているが、肺気腫は近年増加傾向にある。
これは、喫煙することが男性の常識となっていた世代が発症しやすい年齢を迎えていることがその一因である。
なお、進行は緩慢ではあるが、放置するとさらに肺性心に移行する。
まれに肺気腫がさらに拡張しブラと呼ばれる状態になり、さらに重篤な呼吸器機能障害に陥る事もある。
また、慢性気管支炎との関係も疑われている。
上述の症状により嚥下障害が起こる場合や食欲不振(神経性無食欲症なのかどうかまでは不明)による栄養失調により体重減少が起こる場合もある。体重減少が重症化すると起き上がれない程までに体力が落ちてしまう為、寝たきりの状態に近くなる。 壊れた肺胞を修復することは難しく、対症療法と保存療法が主である。 ^ 喫煙によって慢性閉塞性肺気腫の発症が早まるメカニズムを解明 理化学研究所

source

powered by Auto Youtube Summarize

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事