【警告】間質性肺炎で間違いやすい点トップ3



今日は間質性肺炎の看護でよくある勘違い。普段自分が見たり聞いたりする、勘違いポイントを、多いなあと思う順に独断と偏見で、ランキングにまとめました。この動画を見たら、間質性肺炎で勘違いが多い点が解決されるし、働いてて迷うことも少なくなります。普段間質性肺炎に関わるけど知識が曖昧って人はぜひ最後までぜひ見ていってください。

【結論を文字起こし】
第3位:
背側にすりガラス陰影が少しあるのを見て、間質性肺炎とすぐ考える
第2位:
KL6が上がれば間質性肺炎とすぐ考える
第1位:
すりガラス陰影があれば間質性肺炎症すぐと考える

【目次】
0:00 はじめに
0:30 3位
1:33 2位
3:05 1位

【関連動画】
★【30分で初心者を卒業】間質性肺炎の完全講義
https://youtu.be/E99p8_JtG-Y

★ピレスパの薬剤情報
→ピレスパ添付文書
https://www.info.pmda.go.jp/go/pack/3999025F1021_1_11/

★オフェブの薬剤情報
→オフェブ適正使用ガイド
https://www.bij-kusuri.jp/products/attach/pdf/ofe_cap_guide.pdf

★難病情報センター
https://www.nanbyou.or.jp/entry/5460

-------------------------------------------------

「1年目さんが最短で、病棟で動けるようになれる」をコンセプトに発信してます。

動画以外の方がやりやすいって人は、こちらもぜひ。

▼文字の方がいい人
→ブログ「コキュトレ」
https://pulmonary-training.com/course/interstitial-pneumonia/

▼画像の方がいい人
→Instagram
https://www.instagram.com/pulmosheep/guide/_/18081720073280114/

-------------------------------------------------

#呼吸器内科医による間質性肺炎の徹底解説

source

powered by Auto Youtube Summarize

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事